子供 アトピー 保湿剤

小学生のお子様、または赤ちゃんの乾燥肌、アトピーにお悩みの方におすすめの、アトピー対策保湿剤の人気ランキングをご紹介しています。
脱ステロイドで、オイルフリーなど肌にやさしい無添加のものを選び、口コミ、実績などでの評判を加味したランキングとなっています。

 

子供のアトピーに効く保湿剤とは?

子供は、肌のバリア機能が不十分であるため、外からの刺激を受けやすく、肌の水分を保持する機能も低いため、乾燥や大気汚染などの影響を受けやすく、アトピー性皮膚炎を発症することが多くなります。
その予防には一に清潔、二に保湿と言われており、特に乳幼児期からの十分な保湿によって、アトピーやアレルギーの予防になるとの研究結果もあります。

 

子供,アトピー,保湿剤,乾燥,
ステロイドやオイルを使用した保湿剤は、確かに強力ですが、それゆえに依存症を引き起こしたり、使用し続けるうちに段々効かなくなってくるなどのデメリットもあります。
一番重要なのは、肌本来のバリア機能を回復させることであり、そのためにはなるべく添加物の少ない天然由来成分の保湿剤が理想的です。
大人用の保湿クリームなどは、子供の肌への負担が大きいため、間違っても使ってはいけません。

 

子供にも安心して使える、アトピー対策保湿剤はたくさん発売されていますが、今回、その成分、効果の実績、口コミなどを元に、おすすめランキングを紹介します。

 

子供のアトピーに使うべき保湿剤 おすすめランキング!

価格 一本2,592円(二ヶ月分) 定期コースで送料無料
無添加 無香料・無着色・無鉱物油・石油系合成界面活性剤無添加
特徴

新生児に出生直後から毎日保湿剤を塗ると、約8カ月後のアトピー性皮膚炎の発症率が3割低下したとの研究成果を、国立成育医療研究センターがまとめ、10月1日発表しました。保湿力・持続力・保護力に優れた『ファムズベビー』は赤ちゃんの肌トラブルを未然に防ぎ、洗い落ちしない“ビフォアケア”という新しいコンセプト製品 『ファムズベビー』は単に皮膚の上に油膜を作るのではなく成分が角質層に浸透して、バリア(保護膜)をつくり、保湿力は体感したことがないほど長時間保湿が持続します。
その効果はまさに肌トラブルの救世主として、全身の肌トラブルを解決してくれます。

子供,アトピー,保湿剤,乾燥,

 

 

【水の彩】低刺激性保湿クリーム

 

価格 1ヶ月分:1,728円(税込)
無添加 無香料・無着色・無鉱物油・石油系合成界面活性剤無添加
特徴

発売以来、17年で累計500万個以上を売り上げたロングセラー保湿剤。コストパフォーマンスがよく、無添加低刺激なので、大人で敏感肌の方はもちろん、赤ちゃんにも使用可能で、人気が高い。
その名の通り、肌への馴染みがよい水と、海藻、アロエエキスなどの天然うるおい成分に、マリンコラーゲンなどを配合し、極めて低刺激で高い保湿力をもつ。
逆浸透膜*浄水装置で、化学的処理や加熱処理を一切行わず、水の中に含まれる不純物をほぼ100%取り除いた「真水=肌に必要なピュアな水」を約80%配合。
粘質多糖成分を含有する天然植物「海藻」「アロエ」「カワラヨモギ」「黒砂糖」の各種エキスが、肌表面に水溶性の保護膜を形成し、お肌への保湿効果を高める。

 

 

 

 

 

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖』

 

価格 1か月分:3080円(税込み) 定期コース最大20%OFF
無添加 「着色料不使用」「合成香料不使用」「防腐剤不使用」「植物由来の原料」「パッチテスト済み」「放射能試験済み
特徴

コストパフォーマンスでは水の彩に劣るが、その保湿力の高さと、安全性から、売上実績では日本一の保湿剤。
肌のバリア機能を形成する「“砂糖”が原料」のアトピー用の保湿ケア商品。
『みんなの肌潤糖』は、原料の80%が北海道のビート糖(てん菜糖)で、残り20%は、肌を傷めないために周りにコーティングした植物性オイル。
通常の砂糖は結晶の角がとがっているが、特殊技術を開発し、砂糖の角を丸く加工。
その砂糖を更に植物性のオイルでコーティングし、赤ちゃんの肌にも優しくなじむよう、
徹底して作られているので、安心して使用できる。
健康管理士や専門アドバイザーによるサポートも手厚く、25日間全額返金も付属。

 

 

 

子どものアトピーはいつから症状がでる?

子供,アトピー,保湿剤,乾燥,

アトピーは肌が弱く抵抗力のあまり無い子どもであれば、赤ちゃんのときからの付き合いになってしまうことがあります。
アトピーの出る原因は様々ですが、ダニや花粉といったものや汗をかいたまま放置しておくなどの皮膚の健康状態を損なう環境に長時間さらされたり、肌に合わない石鹸などの刺激物を一定感覚で使用することなどで発症しやすくなるといわれています。13歳以上の子どもとなればそういった刺激物以外にも心身的ストレスなどが原因となってしまうこともあります。

 

アトピーの症状としてはかゆみが主となります。肌の乾燥を感じたり、なんとなくかゆいと感じ無意識に掻き毟るような状態になります。
引っかいた部分は赤くなり次第に熱をもつことで更に肌が敏感な状態となり、引っかいた場所が出血しやすい状態になったり、皮膚が波打つよう状態になることもあります。赤ちゃんは寝転がった状態が多いため、頭皮の乾燥にも似たアトピー症状が出たり、オムツや背中など汗をかきやすく布団と接触することの多い場所に症状が出やすいといわれています。乾燥やかゆみをわずかでも感じたら、こまめに塗れタオルや水で洗い流し清潔に保つことで症状が悪化することを防ぐことが出来ます。
ストレス性のものである場合、睡眠や健康状態、疲労や心労などの要因を改善することで症状を緩和させることができます。

 

赤ちゃんのアトピーの保湿の仕方

子供,アトピー,保湿剤,乾燥,

アトピーになると、肌が荒れ、かゆみなどによりつい爪などで引掻いてしまう方もいるでしょう。アトピーでは、大人でもその症状に悩まされてしまいます。また、肌がきれいにみえないため、医療機関での治療、そして肌の保湿をすることが重要です。
また、大人だけでなく赤ちゃんでもアトピーになることがあるため、まず、赤ちゃんのアレルギーをチェックすることが必要です。病院で医師による診察を受けて、アレルギーをチェックしましょう。
また、アトピー肌をしっかりと保湿することも大切です。ファムズベビーなどの商品を使って保湿をしてみるのもいいでしょう。また、アトピーに対してその他の保湿用商品もあります。ですが、赤ちゃんの肌は大人と比べてもかなりデリケートな肌のため、赤ちゃんの肌質にあったもので、保湿をすることが重要です。肌に合わないものを使うと、かえって肌に負担がかかり肌荒れの原因になることもあります。アトピー肌にそのような肌に合わないものを使うと、症状が悪化する可能性もでてくるでしょう。そのような事態にならないためにも、赤ちゃんの肌質を把握して、赤ちゃんの肌にあったもので、しっかりと保湿、肌ケアしていくといいでしょう。

 

乳児湿疹とあせもの違い

赤ちゃんの肌はとても繊細で、新陳代謝が良いために汗をかくことで肌トラブルを起こしやすいものです。
あせもや乳児湿疹、アトピーなどの湿疹の見分けがつきにくいことが多いです。
あせもは汗の出る毛穴が汗で詰まってしまい、汗が皮膚の中に溜まって炎症を起こした状態です。毛穴の部分だけに炎症を起こしている状態になります。毛穴にプツプツと赤いできものができます。
これに対して乳児湿疹は過剰な皮脂分泌や急激な乾燥によって、炎症を起こし、肌全体に湿疹が起こります。皮膚が盛り上がってジクジクしたり、カサカサになるなどの症状が起きている状態です。
見分けが難しいものではありますが、あせもの場合には過剰な汗をかかさないようにしたり、汗をかいたらすぐにふき取るなどをすれば改善します。乳児湿疹は病院で塗り薬を処方してもらい塗ることで少しずつ改善していきます。
また、乳児湿疹と見分けがつきにくいものとしてアトピーもあげられます。これはほこりやダニ、化学物質などの刺激にアレルギー反応を起こし、肌トラブルを引き起こすものです。アトピーは症状が悪化したり良くなったりを繰り返す特徴があるものです。原因を突き止めてそれを排除することが必要になります。
赤ちゃんの肌は弱いので、肌トラブルを回避するには環境を整えて清潔にしてあげることが基本的な方法になります。


ショッピングカート自動相互リンク 新創造の森WebsiteRank.orgpagerankバナーPageLink教室・スクール・クラブ